WEAVER Official Site

Blog

2013.3.19 / 21:39

初日イブ!

written by 奥野 翔太

どうもこんばんは!



今日はとっても暖かかったですね



衣替えせんとなーってことで春服買って来ました



いつも買い物するときだいたい「丁度タイミングよく品切れしてたものが入荷したんですよ!」的なこと言われるねんけど、僕はもしかしていいカモだと思われてるのでしすか?



それともラッキーボーイなのですか?



まぁ前向きに考えとこう



ついに明日からはじまります



久しぶりのツアーです



普段なかなか行けない場所に行けるのでツアーは大好きです



ライブ自体ひっさしぶりなのでワクワクなのです



みんなはどうかな??(^^)



今回は見所たくさんですよ



その日その場所でしか出来ないライブを!



来てくれる人はお楽しみにー(^∀^)/



さてマニアック聴き処解説今回はふたりは雪のように!



この曲は実は最初僕のおじいちゃんが亡くなったタイミングに書いた曲だったので壮大なミッドテンポバラードにしようと思っていて、べぇには”続く命”ってテーマで歌詞書いて!なんて言ってたんですが


Handmadeでのこの曲の立ち位置を模索していく内にアレンジがすごくシンプルなものになってきたので、もっと距離感の近い世界観の曲にしよう、ということで冬のラブソングになりました



当初は冬を意識して作っていたわけではないのに、出来上がったものを聴くと冬がよく似合う曲に聴こえてくるのが面白いですよね



この曲のベースのリフと、ドラムの音、杉の歌声はHandmadeの中でもかなりのお気に入りポイントです



あんまベースをこういう弾き方する人おらんと思うけど、型にとらわれずに色々やってみることでオリジナリティあるフレーズをおもいついたりすることもよくあるから、楽器演奏する人は色々挑戦してみると楽しいと思うよ(^^)



たしか…6弦ベースで録音しました(←曖昧笑)



さて次のマニアック聴き処解説は偽善者の声!お楽しみにー



明日は初日!
緊張するけど、とにかく楽しも!!



ほなまたー



オヤスミ☆

2013.3.10 / 20:46

復活

written by 奥野 翔太


どうも大変お久しぶりです(^^)



ほんとにおひさしぶりです



あっ、僕はWEAVERでベースを弾いている奥野というものです



今日は暖かかったですね



気がつけば3月、ツアー初日までもう10日!



ここ最近は上手くいかないことがあったり、逆にいいこともあったり、絵を書いたり、初めての経験をしたり、色々ありました!



いいこと、というのは健康診断で身長が伸びて体重が減っていたことです(^o^)/わーい



なぜ絵を書いていたのかは、、、明日のニコ生で発表します(^o^)/わーい



初めての経験というのは、、、明日のニコ生で発表するかもしれませぬ(^o^)/わーい


あ〜これは見ないとダメやね!



今回のツアーは本当に色々挑戦しようと思ってるのでみんなお楽しみに!



マニアック聴き処解説もすっかりストップしちゃってました



自分でやり出したのにごめんなさい(>_<)



でも中途半端は嫌なのでマイペースに続けますw



前回アーティストだったので、今回は君がいた夏の空!



この曲はHandmade収録曲の中ではだいぶ昔からあった曲です


メロディがとてもキャッチーな曲なので、いかに歌を聴かせるか、なおかつバンドとしてつまらないサウンドにならないように、といった部分に重点を置いてアレンジしていきました


デモ音源を作っていく中で出来上がった順に仮タイトルをつけるんですが、
この曲のデモの段階の仮タイトルは"すぎ65"


そしてHandmadeの収録曲の中で一番最後に出来た曲は確か"すぎ134"でした




たくさんの曲の中から選び抜いた11曲なのです



そして今はすぎ150をこえてます



僕はまだやっと30を超えたところ



がんばろ!



ちなみに、この曲は6弦ベースを使いました!


コーラスは全部杉!



さて次はふたりは雪のように!



ほなまたー



バイバイ☆

2013.2.9 / 19:07

あっとほーむ

written by 奥野 翔太


どうもこんばんわ(^^)



あったかくなったと思ったら寒くなったりなかなかしぶとい冬ですね


わたくしの部屋ものすごく乾燥するのでうっかり加湿器つけずにちょっと暖房して寝たりしたら、朝起きたら乾燥しすぎで鼻から血が出たりします



あるよねー







…ない?笑 俺だけ?笑




最近は僕たちは曲づくりとライブに向けてのリハの日々です



次のツアーでどんなことやるか色々試行錯誤してますよ



Handmadeはライブを意識して作った曲が多いので演奏していてすごく楽しいです



楽しいツアーになりそうじゃ(^∀^)



今日はいらない家具を回収しにはるばる神戸から親が来てくれていて、愛犬たちも家に遊びに来てます



癒されてます(^-^)




さて、すっかり滞ってるマニアック聴き処解説(笑)



今回はアーティスト!



気になるコーラスは…



“artist story always lonely

searching my heart”



“artist story always starry

hold me baby”



と歌ってます



コーラスは時と場合によっては杉がやることもあれば、僕やべぇがやることもあります



歌の上手い下手は練習次第で変わっていくものですが、声質というのは本当に生まれ持ったもので全て決まってしまいます



同じ人がハモることでしか得られない広がりがあったり、逆に違う人が歌うことでしか得られない厚みがあったりするのです




実は今回はそんな色々も考えて歌いわけたりしました(^^)




どれが誰の声かわかるかなー??




ま、俺らでも聴いただけじゃわからんけど笑



ちなみにベースは6弦でした!



理由は…特にないぜ!笑



次回は君がいた夏の空!



お楽しみにー



ほなまたー



バイバイ☆

2013.2.2 / 21:30

夏休み最終日の闘い

written by 奥野 翔太

はいどうもこんばんわ(^^)



今日あったかかったですね



えー、マニアック聴き処解説更新お待たせちゃってすみません(←え、誰も待ってない??)



一月いっぱいでメンバー内での新曲制作の〆切があったのでドタバタしてました



いつになっても社会で生きている限り何かしらの〆切はあるものなのです



学生なら宿題、社会人は仕事



宿題や作業はやればやった分だけ消化されるけど、新しい何かを生み出す時は費やした時間に必ずしも比例しないもので(とはいえ宿題するんも嫌やったけど…)


ずーーーーっと悩みつづけても曲が出なかったり、ふとした瞬間に思いついたメロディからほんの1,2時間で出来てしまうこともあります



しかも、時間かけたやつより周りの評価高かったりするんですよねー、不思議



僕らの永遠なんかは、確かわりと一瞬で出来たけど、今回のアルバムの曲は色々悩み抜いたものが多いです




さて!みなさんお待ちかね(←だから誰も待ってない)のマニアック聴き処解説、今日はblue bird!



この曲は前奏やAメロのピアノリフから思いついて作っていったんやけど、いわゆるわかりやすい”サビ”といったものがない曲です



洋楽には多い構成ですが、J-POPシーンではなかなか勇気のいる構成やったりします


僕はまだ経験も能力も、もしかしたら努力も足りてないので、杉ほど自在に多彩な曲やメロディを作れなくて、どうしても既存のテンプレートにはまったものになっちゃうことが自分のなかでもコンプレックスやったりするんです


今回のアルバムは特に新しいWEAVERを魅せることがテーマだったので、そういった意味でもこの曲はわかりやすく盛りあがったり、広がるサビをつけたくなくて試行錯誤しました



ある程度自分の中で”これならいけるかも…!”というところまで出来て初めて2人に曲を聴かせるねんけど、最初2人の反応がイマイチ釈然としないカンジで(笑)


しかも自分自身もそこまで自分の意見押し通せるほど自信ないから、その微妙な空気に耐えきれずに「…ほんじゃあ、この曲はやめとこか(涙目)…」って若干自暴自棄的に取り下げようとしたんです笑



でも逃げてばっかじゃ進まんし、その後2人の意見も聴きつつ色々微調整しながらなんとか作り上げて最終アルバム曲選考までもっていきました



他にもいいカンジの候補曲はあったんでメンバーとしては今回はこの曲は外してもいいかなーって思ってたんやけど、思いのほかスタッフさんの評価がよくて、僕らとしては「あ、入れてみちゃう??」ぐらいのカンジでアルバム曲にノミネートされました笑



その後の三人での最終アレンジやレコーディングでのあれこれでどんどんブラッシュアップされていって、納得のいく形に仕上がりました



スタッフさん込みでクラップの音とったり、ゴスペルっぽいコーラスいれてみたり…あと全編で鳴ってるオルガンも杉が弾いてますよ



はたから見てたらピアノ弾けるなら弾けるやろ〜ぐらいのカンジやけど、やっぱり全然違う楽器やから苦戦しつつも深夜までやってました



僕はオヤツ食べながらレコーディングルームでその様子を見てました笑



シャカシャカなってるシェイカーはべぇが



ゴスペルっぽいコーラスはみんなで重ねました



ゴスペルっぽい歌い方が出来なくてレコーディングスタッフさんに”下手くそ〜”なんて言われたりもしたけど笑




実はHandmadeの感想をくれるみなさんの中で、blue bird好きって言ってくれる人がなかなか多いんです



そういう経緯もあったし、僕の中ではちょっとした挑戦の曲だったので僕はほんまにとっても嬉しいです(^-^)



ちょっと自信になりました!ありがとー!




ちなみに、ベースは6弦でした(^^)




さて、次のマニアック聴き処解説はアーティスト!



お楽しみにー



ほなまたー



オヤスミ☆

2013.1.28 / 21:46

ライブはまた違うエフェクター

written by 奥野 翔太


どうもこんばんわ



今日はスタジオにいってきました



最近6弦ベースばっかり使ってたけど、先日のサイン会にて”5弦はもう使わないんですか…??”と寂しそうに言われたので久々に5弦の方を弾いてきました



人目を極端に気にしてしまう性分でごめんなさいw



久々に弾いてみるとこれがまたいい音するんですねー



6弦とはまた違うカッコよさをもった、弾いてると気持ちが高ぶってくる音



あーこの曲はやっぱ5弦で弾きたいなぁーとか色々考えてました



次のツアーは上手に使い分けたいなぁー(^^)



さてさてマニアック聴き処解説、今日はReach out!



この曲はかなり早い段階で出来た曲で、サビでストリングスやコーラスが入っていますが、元々は実は三人の音だけで仕上げるつもりでレコーディングをしました



でもほかの曲が出来上がってくるにつれ、この曲はストリングスを入れるとさらに良くなるんじゃないか、という案が出てきて、ストリングスを入れることにしました




今回のこの”3人だけで作る”アルバム制作において、僕たちのデビューアルバムのTapestryのような3つの楽器以外の音を入れないサウンドにするのかどうか、という議題がありました




でも僕らは三人の音がしっかり核にあれば、例え他の楽器の音が存在してもWEAVERの音楽はそこに存在すると考えています



この曲はそういう経緯もあって、三つの楽器の力強さと、ストリングスの広がりのバランスがとても理想的な形で体現できた曲だな、と個人的には思ってます



いつか大っきなステージで弦楽団の方とかと一緒にやりたいな(^^)



そして、気になる(?)サビのコーラス!



“Sun Shines Sun Shines on you


Star Lights Star Lights on me


See what I have yearned for”


“Sun Shines Sun Shines on you


Star Lights Star Lights on me


See what I can do to reach out”



と言ってます



存在感あるよねーこのコーラス



歌ってて気持ちいいです



そしてベースは5弦ベース使ってます
例により軽く歪ませてます



よくレコーディング使ってるのはSFTというエフェクター



歪ませても音の太さがなくならないいいエフェクターです



歪みに興味のあるベーシストのみんなはお試しあれ(^^)



さて、次の曲はblue bird!



好きです!と言ってくれる人が僕の予想外に多かったこの曲



嬉しいなぁー(^∀^)



お楽しみにー



ほなまたー



オヤスミ☆

2013.1.27 / 0:31

ライブはいいなぁ

written by 奥野 翔太


どうもこんばんわ(^o^)/



今日も家で制作してました


かっこいい曲書けるようにインスピレーションをうけるべく、息抜きもかけてライブDVDをみました

最近ライブ映像を見るのにハマってます


映像が伴うと、この人はこんな表情で歌ってるんだ、演奏してるんだ、っていうのがわかるので、音源だけで聴くよりも何倍も感動したりします



今日見たのはTHE POLICEのDVD


このバンドはスリーピースで、しかもベースボーカルなんです



カッコいいんだこれが(^^)



カッコいい曲作りたいな!
頑張ろ!



さてマニアック聴き処解説、今日は風の船!



この曲はリズムが細かくて、タイトな演奏がキモになる曲なのです




レコーディングの当日、僕はこう思いました



“6弦ベースの音合うんちゃうかな…ていうかせっかく買ってんから一曲ぐらい6弦ベース使いたいな…”



でも前回のレコーディングでも使ってみよっかなぁーと思って試してみたんですが、いまいちしっくりこなくて、レコーディングスタッフさんやメンバーに文句言われるのも嫌だったので踏み切れずにいたんです



でもサウンドチェックの演奏を終えて、文句言われないかドキドキしながらレコーディングルームにいったら



スタッフさんが「6弦…いいね!!」



と、思いのほか好評だったので



俺「で、でしょ??絶対合うと思ったんですよネー( ̄▽ ̄;)(←一安心)」



こうして、6弦ベースはやっと日の目を浴びることになったのでした。




そして、やっぱりコーラスも聴き処です


またしても間奏は英語ですね


これも歌録りのタイミングで急遽入れよう、ということになったので最初歌詞も適当で、仮歌の段階ではその辺にあったお菓子や飲み物のパッケージの言葉を英語っぽく歌うという暴挙にでました



“It’s more no coffee(いつものコ〜ヒ〜)”


“Near so no check of all see(二層のチョコお〜いし〜い)”



って歌ってました笑



英語めちゃくちゃやけど笑



そんな遊び心満載で楽しいレコーディング現場でした(^-^)




音源では


“just wanna break door”


“you know what it is good for”



って言ってます



ちなみに間奏は全部僕の声やけど、この曲のサビの上のハモりはべぇの声でした(^^)




さてさて次のマニアック聴き処解説はReach out!



お楽しみに〜



ほなまたー



オヤスミ☆

2013.1.23 / 21:17

果たして需要はあるのだろうか

written by 奥野 翔太

どうもこんばんわ(^o^)/



今日も家で制作してたんですが、実は数日前からちょっと風邪っぽくて、熱とかダルさとかはないんやけど、咳がとまりません



眠たくても寝れなくて困ってます



僕気管が弱くて、だいぶマシになったんですけど子供のころは花火の煙すうと喘息起こしたり、うどんとかラーメン食べると入ってる細かい薬味とかに喉が反応して70〜80%の確率でむせる程敏感な喉の持ち主なのです



人前でむせると恥ずかしいから出来るだけ我慢しようとするねんけど、失敗したらせき止めてた分爆発したみたいになって被害拡大するんよネ



難儀な体じゃのー(´Д` )笑



みんなも風邪気をつけてね!



さてそれじゃあ需要あるか知らんけどマニアック聴き処解説、Shall we danceからしていこっかな(^^)w


出来るだけ避けるけど、マニアック聴き処やから専門用語の解説はしません笑



この曲は疾走感のあるサウンドにしたかったので、ど頭のピアノリフの裏でバシバシ鳴っているスネアは、スネアの上にシンバルを乗せて叩く、という奇妙な録り方をしました


テーマは「ムチのような音」でした!



10月2日のブログにべぇが写真乗せてるよ



その他にも一曲通してベースのループの音(右耳の奥野…奥の方でずっと鳴ってるやつ)をいれてみたり、とにかくこの曲は3人で、3つの楽器で出来るサウンドにこだわりました



なんといってもコーラスがふんだんに使われています




英語の方がコーラスには言葉が乗せやすいので、英語にしてます



なんて言ってるか、気になるよネ笑



ちょっとだけ答え!



Aメロの所は


“Uh〜 twilight”



“Uh〜 bright light”


って言ってます






言ってるつもりです笑



Bメロのコーラスは…主メロの歌詞の”言葉はもう眠りにつく”がヒント(^^)



Words go sleep




と言ってます



はい、2番は微妙に違う部分もあるけどいちいち僕の英語の発音チェックされるの恥ずかしいので、ここまで!笑



ちなみにベースは5弦で、Performanceとまったく同じセッティングでレコーディングしました!



5弦の方がいい意味で音が暴れてくれるので、アグレッシブな曲に使いたい気持ちになります(^^)



次は風邪の…風の船!



お楽しみにー



ほなまたー



バイバイ☆

2013.1.22 / 19:19

ベースは楽しいよ

written by 奥野 翔太

こんばんわ(^o^)/



今日は杉が北海道まで出張している一方で、僕は家で曲づくりしてました!



うーん、なかなか難しい…けど、Handmadeの制作を経て前より前向きに悩めてる気がする







…気がする笑



明日も頑張りまする(^^)



杉もがんばれー



しかし、ええなぁー北海道w



北海道と福岡って、俺が好きな食べ物ばっかあるとこやんけ(´Д` )笑



仕事は大変やろけど…ええなぁー笑





先週はサイン会でたくさんの人と触れ合ってきました!



来てくれた人、ほんまにありがとー!(^-^)



あーこんなステキな人たちが自分たちの音楽を受け取ってくれてるんやってのを直に感じることが出来て、感謝の日々でした!



ほんまに、ありがとー!!



みんなの応援を糧に、もっといい曲書けるように頑張ってゆきます!




超個人的な感想としては、WEAVERがきっかけでベースを始めた!っていう人がすごく多くてめっちゃ嬉しかった!



僕が5弦ベースとか、6弦ベース使ってるから

4弦じゃWEAVERの曲コピー出来ひん(´Д` )ガーン

って思う人おるかもやけど、意外と4弦でも出来る曲多いから大丈夫やで!



僕も初めは4弦でした(^-^)



その次はもっとブログ書いてくださいってのも多かったから(笑)また今度からHandmadeのマニアック聴き処解説でもしてこかなー(^^)



1曲ずつしてこーと思ったけど、Performanceはあんま書くことないので(笑)Shall we danceから!




ちなみにPerformanceは5弦ベースに、歪みのエフェクターをかけてレコーディングしました!



僕はレコーディングでは基本的にちょっとエフェクター使って歪ませてます



その方が、ギターがいない分の音の隙間がうまってよいのです



暇な人はどの曲がどっち使ったか予想してみててネ笑



同じベース使ってても曲調とかドラムの音に合わして音色とか弾き方変えてるから当てるの至難のわざやと思うけど笑



お楽しみにー



ほなまたー



バイバイ☆

2013.1.15 / 21:55

みんなのお気に入りになれますように

written by 奥野 翔太

どうもこんばんわ(^^)



今日!



ついに!



お店に!



Handmadeが!



並んだー!!(^∀^)/



三人でアルバムを作ろう!という決断をしてからここまで、一年半近くかかりました



お待たせしました!



長かったけど、どうしても必要な時間でした



本当に少しでも多くの人に聴いて欲しい



もう手にいれてくれた人たち、ありがとうね(^-^)



まだの人たち、楽しみしててね(^-^)



明日名古屋行きます!



あ、みんな外出る時足元要注意!



僕は今日だけで10回はビックリして声出るくらい足滑りましたw



気をつけてね(>_<)



ほなまたー



オヤスミ☆

2013.1.11 / 15:18

手作り

written by 奥野 翔太


どうもこんにちは!



Handmadeの特設サイトがステキにオープンしました!




いよいよ来週発売です!




全曲一部視聴も出来るほか、三人の曲への想いなんかも見れるので是非チェックしてネ(^^)



そうそうHandmadeといえば、以前プレゼントで貰った手作りのベースのミニチュア模型が完成度高すぎて、どうしても作業机に飾りたかってんけど、立てて飾るスタンドがなくて困っていたんです



でもどうしても飾りたかったので、こないだ長〜い針金を曲げてネジって自分でギタースタンド作りました(^^)



O型でめんどくさがりやけど、工作とか細かい作業はわりと好きやねん(^-^)w



これで自分の作業机がまた少し好きになったぜ(^-^)v



手作りは作った人の想いがダイレクトに届くから、もらった人もより嬉しいよネ(^^)



Handmadeもみんなに喜んでもらえる作品になったらいいなぁ



ほなまたー




バイバイ☆

1 2 3 4 5 6 7 8 9 28

2018年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

WEAVERオフィシャル携帯サイトはこちら!

WEAVERメンバーへのファンレター、
プレゼント等は下記住所にお送り下さい。

〒150-8484
チアリングハウス内
WEAVER ○○宛
(○○はメンバーの名前)

※また、プレゼントは日持ちのしない物(ナマ物など)は送らないようにお願いいたします。
※宅配便は受け取る事が出来ませんので、必ず郵便またはゆうパックでお送り下さい。

▲ TOPに戻る