Blog

2017.8.14 / 0:17夏の中で

written by 河邉 徹

一番大好きな季節です。一番大好きな季節の中にいます。

しかしこの季節も、いいことばかりではありません。


なんの話かと言いますと、虫です。


僕は彼らの前では冷静でいられなくなります。

だけどそれは状況にもよります。

か弱い女の子といる時には、きっと僕も男らしく、ほらほら、僕がとってあげるよ、君の背中についているバッタ。

なんてこともできるかと思いますが、一人の時にはそんな力は発揮できません。

人は誰かと一緒にいて強くなれる生き物ですから。


昨日の夜、色々と作業を終えて帰宅した時に、扉の前にセミがいたんです。

しかも裏返って、生きてるんですよ。

僕の足音に反応して、鳴き出して羽を広げたりするんです。

帰れないでしょう。

屈強な門番ですよ。なんの嫌がらせですか。

僕はとりあえず、避難するために、家の近くで知り合いがやっているお店があったので、そこに行きました。

まぁきっと、一時間もすればいなくなるだろうと。


知り合いに事情を説明すると笑ってくれました。

とってあげようか? と優しくしてくれましたが、いやいや、僕も男なんで大丈夫ですよ、と。大丈夫じゃないからここに来たわけですが。

地上に出てきてからのセミの命は短いです。
その知り合いによると、セミさん、最後はあまり目が見えておらず、ただ光に向かって飛ぶそうな。
きっと建物の光につられて来たんでしょうね。


僕はそのお店でしばらく時間を潰し、それから、家に向かいました。

あの時、まだ生きていたから、もう飛んでどこかに行ったかもしれません。

玄関の前をおそるおそる覗くと


二匹に増えてました。


いや、なんでやねん。

って言いましたよね。

深夜に一人で。


状況はworseになってますが、彼らも別に噛みつきません。あとは勢いが大切です。

僕は勢いよく乗り越えて、家に帰ることができました。

僕らの命も、星の命から見ると、七日間程度のものなのかもしれません。

短い命を、互いに精一杯生きましょう。

ではまた◎

2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Monthly Archive

WEAVERメンバーへのファンレター、
プレゼント等は下記住所にお送り下さい。

〒150-8484
チアリングハウス内
WEAVER ○○宛

(○○はメンバーの名前)

  • ※また、プレゼントは日持ちのしない物(ナマ物など)は送らないようにお願いいたします。
  • ※宅配便は受け取る事が出来ませんので、必ず郵便またはゆうパックでお送り下さい。
Twitter
Facebook
LINE
iTunes
Instagram
YouTube
© WEAVER. All Rights Reserved.アミューズA-Sketch